トップページお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中

 ポリフェノールは抗酸化作用があります。

人間の体内は錆びることによって、老化し病気にかかってしまいます。

ポリフェノールには血栓を予防して血液をサラサラにする効果、血管を守る作用、血流を改善する作用など、さまざまな健康効果があることがわかっています。

 

スタキサンチンは、現在発見されている抗酸化物質の中でも最も強力なものとして知られています。

良く知られている抗酸化物質の一つにビタミンEがありますが、アスタキサンチンはビタミンEの500倍の抗酸化作用があると言われています。

ストレスを受けると、交感神経が活発に働いて全身の血管が収縮します。

緊張してブルブル震える、身の引き締まる思いがするといった体の変化は血管の収縮が起こっていることを表しています。

血管が縮まれば当然血の流れが悪くなります。

いったん収縮した血流が再開する時、大量の活性酸素が発生します。

活性酸素は老化の最大の原因であり、一説によればあらゆる病気の9割は何らかの形で活性酸素が関与していると言われているほどです。

ストレスをそのままにしておけば、いくら健康な人でも活性酸素によって細胞が傷付き、肌の老化や高血圧、心臓疾患などを引き起こします。

アスタキサンチンは、ごく少量を摂取するだけで他の栄養素よるはるかに活性酸素を除去する働きが期待できるので、ストレス対策の決め手として期待される栄養素です。