トップページお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中

 コエンザイムQ10には心臓の機能を高めるという効果もあります。

そもそもコエンザイムQ10の本来の使用用途は心臓病の治療薬でした。

具体的には鬱血性心不全などの症状に効果を示してくれます。

心臓のポンプの役割が正常化するということから、不整脈をはじめ、低血圧から引き起こされる各症状にも薬効があります。

 

ビタミンB1は、糖質の代謝をおこなう酵素を助ける「補酵素」として働き、エネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給します。

このビタミンB1が産生する「糖質からのエネルギー」は、脳や神経組織の唯一のエネルギー源なので、脳の中枢神経や手足の末梢神経の機能の正常化や 心臓機能を保護する働きもあります。

また、「糖質からのエネルギー」は ストレスを緩和する働きや、疲労物質(乳酸)が体内に蓄積されるのを防いで疲労を緩和し、回復を早める効果もあります。

ビタミンB1は代謝スピードが早く、しかも貯蔵されにくい性質を持っているため、継続的に摂取する必要があります。