トップページお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中

 

動物性乳酸菌にも生きて腸まで届く乳酸菌がありますが、植物性乳酸菌も、胃酸のなかで生き抜き、腸の奥まで生きたまま届くことができます。

乳酸菌ならではのプロパイオテイクス効果(腸内細菌のバランスを改善し、体の防御機能を高めること)を十分に得るには、乳酸菌が生きて腸まで届くことが必須条件です。

植物性乳酸菌は、酸やアルカリにも強く、動物性乳酸菌よりも過酷な環境でもある程度生息できる乳酸菌であると言われています。

乳酸菌が腸に届くと、腸内に住みつく「善玉菌」であるビフイズス菌を増やして、大腸菌などの悪玉菌の働きを抑えます。
腸内で善玉菌が優勢になると、腸の機能は高まり、消化吸収が促進され、結果的に便秘や下痢などを防ぐのです。


特に日本人の場合、消化に時間のかかる繊維質の多い食物を食べてきたため、腸は、欧米人よりも長いと言われています。

そのため、発酵食品においても漬け物など植物性のものを好んで食べてきました。

つまり、乳酸菌についても、植物性の乳酸菌を摂取してきたことになります。

植物性
乳酸菌は苛酷な環境でも生き抜くことのできる強い菌です。昔から日本人は自らの体にあった乳酸菌をうまく摂り入れ、腸内環境を守ってきたのではないかと想定できます。